トランシーバーについて

無線機や無線リモコンは現在、さまざまな場所や人に利用されており、特に仕事では作業の効率をよくするために使われます。
無線機でもその種類はさまざまですが、一般的にトランシーバーは比較的利用しやすく、情報をすぐに共有することができます。

トランシーバーのカンタンな使い方を説明すると、言葉を伝えたい場合には送信するボタンを押しながら喋ることです。
注意することは送信ボタンを押しながら喋らないと相手には伝わらないことです。
送信ボタンを押していない状態ではトランシーバーが受信機となっているので、相手の言葉を聞くことができます。
なので、トランシーバーとは送信機と受信機の両方の役割を果たすことができ、迅速な情報交換をするために最適な通信機器ということです。
情報を発信する場合には1人だけに向けて喋ることはもちろん、トランシーバーを持っている方全員に連絡することができるのは携帯電話には真似できないことです。
特定の1人と会話をしたい場合には送信する前にその人に名前を読んでから喋るか、2人で秘密の周波数に切替えて喋ることで、他の人には会話の内容は聞かれずに話しをすることができます。
トランシーバーの最大の特徴は複数の人と情報を共有することができることで、無線機などをレンタルしている業者で借りることができます。

トランシーバーの無線機との大きな違いである受信機と送信機が一体化していることですが、これによってカンタンに便利に利用することができるトランシーバーは通信機器の専門的な知識が無くても使うことができる機械です。

Vertical Menu

アーカイブ

Bookmarks